大切にしていること

Policy

西宮本町つきの保育園は、
ひとりひとりが、かけがえのない存在であると感じ
喜びと感謝をもって生きる子どもを育みます。

保育の方針

「子どもの心に寄り添い、丁寧に関わる保育を行います」

  • 人から愛されている、自分が認められていると感じる自己肯定感を育みます。
  • さまざまな事柄に主体的に関わり、生きる力を養います。
  • 安定した情緒を保ち、自ら遊ぶことを通して、豊かな心と考える力を養います。
  • 他者との違いに気づき、認め、愛することができる子どもを育みます。

保育の目標

「精神的・知的・身体の調和的発達を促し、基本的生活習慣態度を育てる」

<養護>子どもの様々な欲求を満たし、安定した情緒を保ちながら、心身ともに健康に過ごす。
<教育>健康安全教育に力点を置いて、身体機能の発達をはかります。

  • 人への愛情や信頼感を育て、自立と協同の態度及び社会性の芽生えを培う。
  • 自然などの身近な事象への興味や関心を育て、それに対する豊かな心情や、思考力の芽生えを培う。
  • 日常生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や言葉に対する感覚を養う。

保育の特色

「子どもの発達において、一番大切な3歳までの乳児期を「育児担当保育」にしています」

決められた担当保育者が、食事・排泄・睡眠をお世話することによって「内面の発達」を感じ取り、支えて行くことが出来ます。
また、同じ人にお世話をしてもらう事によって情緒が安定し、特定の大人への愛着関係・信頼関係が芽生えます。

担当が決まっていることによって、子どもの微妙な食欲の増減や体調の変化、発達段階や心理状況などを十分に把握し丁寧に接する結果、子どもの生活習慣が身に付きやすく、身辺自立など無理なく進めていくことが出来ます。


「遊びを中心とした『保育』」

遊びは、生まれてからのあらゆる体験を模倣する、あるいは再現することを起点としています。
「遊びは」は、どんなに失敗しても許されます。この時期だからこそ失敗を沢山経験し、何度もチャレンジしてほしいと願っています。
「おもちゃ」は電池で動いたり、電子音がするものは一切なく、乳児・幼児クラスともそれぞれの年齢に合わせた、発育・発達に伴ったおもちゃを充実させています。
その時々の子どもたちの興味や発達を考えて整えられた遊びの環境の中から、自分の好きな遊びを自分で選ぶ「選ぶ力」を育みます。